ビタミンD サプリ

ビタミンDは筋肉を強くする

 

ビタミンDの主な効果に関して2つあり、一つが骨にいいということです。この理由は摂取したビタミンDは肝臓や腎臓で処理された後にカルシウムの吸収を高める役割が出てきます。カルシウムというのは丈夫な骨を作る栄養素というイメージがあるのですが、ビタミンDを摂取することによって効率的に吸収をすることが可能になります。骨といえばカルシウムというイメージがありますが、それ以外の栄養素も働きがあるということを理解しておきましょう。

 

ちなみに逆にビタミンDが不足してしまえばカルシウムが上手く吸収されなくなってしまって、骨粗しょう症、動脈硬化などになってしまうことがあります。さらに筋力低下といった身体機能低下にも影響が出てきますので、とにかく積極的にビタミンDを取り入れるようにしましょう。

 

次に筋肉を増強するというものがありますが、実はこれは最近の研究によって確認されたものであり、ただ、筋肉とビタミンDとの関わりについては認められていました。血中のビタミンDの濃度が高ければ、その濃度と比例して筋力も高くなるということは分かっています。です、最近の研究によりさらに分かったことがあり、ビタミンDが間接的に筋肉の成長に関わっているとされています。

 

このように多くの効果があるビタミンDですが何に含まれているのかというと、魚介類、きのこ類、かつお節や卵などです。ただ食べ物ではなく、日光浴をすることによって体内でビタミンDは合成されます。とにかく出来るだけビタミンDを取り入れるようにするといいでしょう。

 

カルシウムとビタミンDで糖尿病を予防する

 

糖尿病を患っている患者さんの中には、カルシウムが糖尿病の改善において重要であるということを理解している方もいらっしゃるとは思いますが、血糖値が高いと注意をされている糖尿病予備軍の方はあまり知らないという方も多いのではないでしょうか。

 

そこでカルシウムと糖尿病にはどういった関わりがあるのかについて紹介します。まず糖尿病というのはすい臓から分泌されるインスリンの量が低下することによって引き起こされますが、そのインスリンの分泌を促進することを指示するのがカルシウムになります。つまりカルシウムが不足してしまうことによってインスリンが正常に分泌されなくなってしまい、血液中のブドウ糖がエネルギーに変換されずに、ブドウ糖が血中にあふれて血糖値が上昇して糖尿病を患ってしまうことになるので、糖尿病対策としてカルシウムを摂取するということが重要になってきます。

 

ですが昨今の厚生労働省研究班によれば調査から意外なことが分かっており、カルシウムだけの効果は減少し、一緒にビタミンDを豊富に摂取することによって効果が高くなるということが分かってきました。アメリカでは女性看護師を対象とした調査により同じような効果が実証されました。

 

またビタミンDもカルシウムと同時に摂取することによって糖尿病発症リスクが低下するということが実証されましたので、カルシウムだけではなく、ビタミンDも取り入れるということが大事だということが分かっています。とにかく糖尿病予防としてカルシウムとビタミンDを積極的に摂取しましょう。

 

口内炎にはどういうビタミンを摂ればいい?

 

ビタミンを摂取することが口内炎にはいいなんて言われていますが、どのビタミンをどのくらいの量摂取すればいいのかについてはあまり知らない方も多いです。実際にどのくらい摂取すればいいのかを把握していてもらいたいのですが、それを知ることによって辛い口内炎を出来るだけ早く治すことが出来るかもしれません。適当に口内炎にいい市販の内服薬を摂取している方もいらっしゃるとは思いますが、今回はビタミンに着目して紹介したいと思います。

 

口内炎にビタミンというのはどのくらい摂取すればいいのかという疑問が出てきますが、実はビタミンB2不足により口内炎が発症しているのであれば、ビタミンB群のサプリメントを摂取するということが非常に高い効果を得ることが出来ます。また、口内炎に効果がある飲み薬に関してはビタミンB2を中心としたものであり、もしそれ以外が原因の口内炎であれば有効ではありません。またビタミンの過剰摂取によるものもありますので注意しておきましょう。

 

では口内炎を治すためにどういう風にビタミンを摂取すればいいのかというと、基本的に適正値を把握するということが重要になります。適正値を把握してから摂るということが重要になります。ちなみに日本人に不足しやすいビタミンはビタミンはA、B1、B2、C、D、ナイアシンと言われていますので、これらをしっかりと取り入れるようにしましょう。それを続けることによって口内炎の治りも早くなっていくのではないでしょうか。

 

睡眠不足をビタミンDで解消する

 

夜はしっかりと休むことが出来ていますでしょうか。しっかりと寝たいのに寝つきが悪い、8時間寝ても疲れが取れないなんてことがあるとは思いますが、そういった方はどうすればいいのか分からないなんて思っているかもしれません。忙しい日が続いてしまえば、寝る時間が遅くなってしまって生活サイクルが乱れて生活が不規則になってしまうことがあります。ですが忙しいからこそゆっくりと寝たいと思っているでしょう。そういったときには睡眠に効果のある栄養素を摂取してみるのもいいのですが、その上で効果があるとされているのがビタミンDになります。

 

ビタミンDについてですが、これは非常に不眠症に有効なものであり、この不眠症とビタミンDの関わりについて紹介します。ビタミンDというのは体内だけで合成することは出来ず、食品に含まれたりしている栄養素になります。日光によって体内で合成することも可能ですが、食べ物やサプリメントからも取り入れるようにするといいでしょう。そしてこのビタミンDが不足していれば睡眠不足になるとされており、その原因はヒスタミンが特殊な栄養素で太陽光を浴びることで体内で合成されるからです。仕事上夜間勤務であったり、家で仕事をしているという方は、ビタミンDが生成されないので日光浴を出来るだけするようにしましょう。

 

とにかくビタミンDというのは食べ物やサプリメントから取り入れることも出来ますが、日光を浴びることによって体内で生成されることもありますので、とにかくあらゆる方法で取り入れるようにすることが重要なことになります。何にしてもビタミンDを意識するようにしましょう。

 

身体の老化を止めるビタミンDの免疫力向上と骨の強化

 

多くの方がビタミンDのイメージが少なく、ビタミンBやCはよく聞くけどビタミンDは聞いたことがないなんて方もいらっしゃると思います。ですが、このビタミンDに関して、実は骨密度を高めて免疫力を高める非常にすばらしい効果があります。また他のビタミンとは違い、太陽を浴びることによって体内で合成されるといった特徴があるということも覚えておくといいでしょう。

 

骨というのはあらゆるミネラルから形成されているのですが、その中でも非常に重要とされているのがカルシウムになります。体内のカルシウムが不足してしまえば骨が脆くなってしまいますが、だからといってカルシウムばかりを摂取しても意味がありません。カルシウムというのは吸収率が低いので、その吸収率を高める為には何が必要なのかというと、ビタミンDとなります。ビタミンDとカルシウムを摂取することで骨を丈夫にするとされていますので、積極的にこれらを摂取するようにしましょう。

 

あらゆる感染症や病気から身体を守る力が免疫力になりますが、加齢によって体の機能が低下してしまうと免疫力は次第に減少してしまいます。ですがビタミンDを摂取することによって細胞レベルで老化防止を促進して免疫力を高めることが可能になります。摂取量に関しては1日5μgのビタミンDで十分になりますので、これを目安に摂取するようにしましょう。とにかく子供からご老人まで非常に高い健康効果を発揮しますので、積極的に取り入れるようにしてみてはいかがでしょうか。